会場の手配からマナーまで!葬儀に関する知識を初心者にもわかりやすく解説します

当サイトでは葬式会場を手配する方法からマナーに関することまで、葬儀に関するいろんな知識を分かりやすく解説しています。特に初心者でほとんど何も知らないような人でも、どうやって会場を選べばいいのか、手配してから実施するまでの流れやポイントをしっかりと押さえています。もちろん基本的なマナーや作法であったり、参列者への対応なども1つ1つ詳しく掲載しております。これらをしっかりと覚えることで、いざという時でも慌てる必要はなくなります。

会場の手配からマナーまで!葬儀に関する知識を初心者にもわかりやすく解説します

葬儀というのは参列する機会はそれなりにあっても、身内や親族が亡くなりこちらが実施するという機会はそう多くありません。
そのため葬儀に関する知識がほとんどない人もいるでしょうし、会場を手配する方法や葬儀の手順もよく分からない人もたくさんいます。
もちろん葬儀を行うならマナーのことも知っておかなければならないので、なるべく早い段階から基本的な知識を知っておきたいです。
今の時代なら葬儀に関する情報はインターネットで簡単に調べられるので、基礎からしっかりと理解できます。

基礎知識として知っておきたい葬儀の流れ

葬儀には、仏教・神道・キリスト教など宗教により内容そのものが異なりますが、ここでは仏教による仏式での葬儀についてご紹介します。
葬儀の開始の30分前から受付が始まり、席順は祭壇に向かって右側に遺族や親族、左側に関係者が着席するのが一般的、喪主と遺族は15分前には席に着くことができるよう準備しましょう。
司会者が開式の言葉を述べると葬儀が始まり、そのあとに僧侶が入場するのでこのとき一同は起立して一礼もしくは合掌します。
僧侶の読経と引導法語の流れになりますが、これは死者が無事成仏できるよう行う作法で宗派により仏教徒として戒を受ける儀式が行われます。
故人の経歴や業績など哀悼の情を表現した弔辞を参列者が読み上げますが、このときお葬式に参列できなかった人から弔電から届いたときにはそれを読み上げます。
ただ、多数届いている場合は最初の5~6通程度を奉読し、他は送信者の名前を伝えます。
そのあと、遺族から参列者の順番に焼香、喪主のあいさつを行い最後に司会者による閉式で終了します。

葬儀に使われている会場の種類や選び方

葬儀を行う会場はそれぞれのケースに応じて最適なところを選ぶことが重要であり、画一的なイメージにとらわれてしまうと問題が発生することも多いため注意をしなければなりません。
近年では家族葬を行うことが多くなっており、このような場合には比較的小さな落ち着いた場所で行うことが良い方法となりますが、多くの交友関係を持っている人などの場合には、数多くの参列者を招くことが必要となるため、このような場合には比較的広い場所を選ぶことが大切です。
家族葬の場合にはそれほど交通の便が良い所ではなく、逆に不便な場所であっても参列者が家族や身内だけであるため逆に落ち着いて行うことができると言うメリットがありますが、参列者が多い場合にはその立地にも注意をすることが大切です。
葬儀を行う会場を選ぶ際にはその内容によって必要な要素を十分に検討することが大切であり、また形式によっても異なるのでこの点を意識することが重要です。
最終的には家族の意向が重要となるため、様々な要素を考慮し選ぶことが良い方法となっています。

葬儀の手配を依頼する会社はどう選ぶべきか

葬儀の手配をするときに会社を利用しないといけませんが、どのような会社を選ぶのかは各自で自由に決めることができます。
基本的に会社選びは料金を重視する必要がありますから、各自で用意できる予算の範囲内で葬儀をすることができる会社を選ぶのが大切になるはずです。
一般葬や家族葬などが用意されていますが、葬儀のスタイルも会社によって違いがあるので、各自がやりたいプランが用意されているところを選んでいくのが重要になります。
直葬も選ぶことができますから、そのようなプランを選びたい場合はしっかりと用意されているところを利用するのが大切になるはずです。
プランと料金のことを考える必要がありますし、サポートの内容もしっかりと確認することが求められると考えられます。
葬儀は何回もやることでもないので、喪主として初めてやる場合は打ち合わせの段階から、いろいろな話し合いをすることができるところを選ぶのが大切になるはずです。

葬儀にかかる費用はトータルでどのくらい?

葬儀に掛かる平均費用は110万円前後と言われています。
主な内訳は、会場の使用料を含めた基本料金が70万円前後、式で提供する食事代、返礼品がそれぞれ20万円ずつです。
参列する人数で使用する会場の規模、飲食費用が大きく変わります。
企業のトップなど生前の社会的地位が高く、多数の参列者が訪れる葬儀では、数百万円になるケースも珍しくありません。
突然の訃報でまとまったお金を用意するのが難しいという場合は、参列者を限定する選択もあります。
中でも利用する人が増えているのが家族葬です。
一般の葬儀の参列者が30人から50人前後なのに対して、家族葬は多くても20人弱で済みます。
収容人数が少ない会場を選べる上に、身内だけなので料理の質にこだわる必要もありません。
返礼品のやり取りをしないケースもあるので、トータルの金額を大幅に抑えることが可能です。
依頼する葬儀会社で金額は変わりますが、平均50万円前後で収められます。

葬儀に行くときの服装の選び方のポイント

葬儀は突然行われるものであり、あらかじめマナーなどを確認しておく必要があります。特に注意が必要なのが服装であり、葬儀の際にはブラックフォーマルと言われる礼服を着用するのが基本です。これは相手へ敬意と弔意を示すためです。なお礼服にも格式の違いがあり、参列する場合は準喪服と言われるものを身に着けます。男性はブラックスーツで光沢がなく、ワイシャツは白の無地にします。襟部分はレギュラーカラーもしくはワイドカラーが良く、ボタンダウンはカジュアルな印象になるため避けた方が良いでしょう。ネクタイや靴下、靴も黒で揃え、腕時計も奇抜なものを身に着けません。 女性もまたワンピースもしくはアンサンブルのブラックフォーマルとし、必要以上に肌が出ないようにします。スカート丈はふくらはぎからひざ下が一般的であり、アクセサリーもパールならばつけても良いですが、その際三連や二連のネックレスは不幸が重なるという意味からマナー違反となります。

葬儀に持参する香典と袱紗のマナー

袱紗は香典袋を入れて葬儀会場に持ち込むときに使う布製のアイテム、一般的には正方形で四方に房が付いている爪付き袱紗が使用されることが多いのですが、若い人からの人気を集めている金袱紗はバッグやジャケットなどに入れても型崩れがない扱いやすいタイムあります。ちなみに、葬儀では香典やお布施を渡すときには直接渡さずに袱紗に包んだ状態で渡すのがマナーです。葬儀用のアイテムになるのであまり明るい色は良くないイメージを持つ人は多いといえますが、弔事の場合は紫・緑・紺・藍・灰など寒色系を選ぶのが一般的です。ただ、紫については弔事や慶事などに関係なくいずれもシーンでも利用できます。なお、このアイテムには無地タイプと柄物の2種類がありますが、慶事で使う場合は鶴や亀などの刺繡が入ったものが最適ですが、弔事の場合は無地を選んでおくのが無難です。蓮の花の刺繍などは葬儀の時にも利用できるので刺繍が入っているものが欲しい人などおすすめです。

葬儀ではなぜ祭壇が用意されるのか

祭壇は、祭りを行う壇で神・精霊・死霊などに犠牲や供え物をささげるための壇、祭器および祭具などを置いて礼拝に用いる壇、このような意味があります。葬儀のときは祭りにはなりませんが、神様や仏様などそれぞれの宗教の超越的な存在への誓いおよびお供え物を献上するための壇を指します。ちなみに、日本の仏教式での葬儀で見かけることが多いのが白木祭壇、木製の建物は棺を埋葬先まで担いで移動させる風習でもある野辺送りで使用されていた白木の輿をイメージしたものといわれています。実際に棺を納められことができる本輿と呼ぶものもあります。様々なデザインや大きさの商品が用意されおり、金額がそれぞれ異なります。ただ、これは棺桶のように葬儀ごとに作られるものではなく、あくまでも葬儀社が提供している備品の一つです。他にも、生け花を使ったものや造花を使ったものなど、生前花が好きだった故人のお葬式などで人気を集めているタイプもありトレンドになっています。

葬儀で供花を贈る理由や花を供える意味

葬儀に参列をすると多くのお花が供えられていることに気が付きます。このようなお花のことを供花といい、お悔やみの気持ちを込めてお贈りします。つまり葬儀会場にお供えしているお花には、亡くなった方に対してご冥福を祈る気持ちを込めており、霊を慰めるという意味があります。 このほか亡くなった方と親しかった場合は、最後の贈り物という意味もあり、祭壇にたくさんお花を飾ることで遺族の悲しみを少しでも癒したいという意味も込められています。反面社葬などの場合はビジネスとして使用することもあり、名を入れた札を立てることにより、内外にその存在を知らせることができます。 供花は宗教によって好まれる花の種類が異なっており、仏式では白をベースとし黄色と薄いピンク色で落ち着いたアレンジを行います。菊やカーネーション、ゆりやデンファレが一般的です。神式は神聖な色である白色の花を贈りますし、キリスト教にはお花を贈るという習慣がありません。

仏教の葬儀における供花の選び方とは

供花は仏教の教えに基づくものであり、キリスト教の葬儀では供花を贈ることはありません。その代わりに献花があります。神道は仏式と同じで供花のようなものがありますが、白い菊の花がメインとなっており、神道は死をけがれとしてとらえていることから、けがれを清める意味で白色のものを贈るようになっています。 仏教の葬儀で供花を贈る場合もまた白色がメインとなることが多いのですが、神道のように厳密な決まりはありません。そのため黄色や薄いピンク色をし用意したアレンジメントになることもあり、花の種類も菊の他にカーネーションやデンファレ、ユリや胡蝶蘭などが用いられます。ですが注意する点として、毒のあるものや匂いのきついもの、花粉があるものは不向きです。花粉は参列者についてしまう恐れがありますし、匂いは意外と会場に蔓延し、具合が悪くなる人も出てしまうおそれがあります。落ち着いた雰囲気にしてもらうことが大切であり、必ず生花のものを選ぶようにします。

葬儀に用いられている白木祭壇の特徴とは

白木祭壇とは、古くから葬儀で用いられてきた伝統的な祭壇であり、白木で組まれているのが特徴です。
もともとは神式や皇族の葬儀で使われていた祭壇ということもあって、見た目も荘厳な雰囲気があり格式が高いイメージがあります。
なぜ白木が祭壇に使われるかといえば、すでに装飾や漆塗りがされていたものだと、「葬式の予定があった」と思われてしまう為です。
その点、白木ならば、「慌てて準備をしたため塗料を塗る時間もなかった」という意味になるのです。
また、葬儀が終われば祭壇は燃やしてしまうのが昔からの慣例ですので、燃えやすい白木は素材的にも理にかなったものだと言えます。
とはいえ、現在使われている白木祭壇は、毎回制作するわけではなく葬儀会社からレンタルするのが一般的になっています。
サイズは2m前後のコンパクトなものから7mを超えるものまであり、安価なものは作りやデザインもシンプルです。
費用は祭壇の規模に応じて変動し、大規模なものだと、レンタルでも100万円以上かかることもあります。

キリスト教における葬儀の特徴と流れ

日本でもキリスト教の葬儀を執り行う人が増えてきました。
キリスト教にはカトリックとプロテスタントと言われる教派があり、この2つは様々な面で違いがあります。
死に対しての考え方も若干異なっており、カトリックでは故人の罪を祓って神に受け入れてもらえるように、そして復活することができるように祈る目的があり、プロテスタントは神に感謝をし、遺族を慰めるために葬儀が行われています。
葬儀の流れはカトリックでは通夜が行われその後ミサと告別式が行われます。
参列者全員で聖歌を斉唱し、ミサが終わった後は献花や弔電の披露、スピーチなどがあり終わります。
なお教義に沿って遺族にお悔やみの言葉は述べません。
プロテスタントは前夜祭が行われますが、葬儀の流れとして行われており告別式と明確に区別していないのが特徴の一つです。
参列者が会場に入って待機をしていると、オルガンが演奏され牧師が入場し、次に遺族が入ってきます。
聖書の朗読が終わると全員で讃美歌を斉唱し、故人の紹介と牧師の略歴の紹介、説教となり、弔電を紹介して最後に献花を行い終わります。

現代の関東地方で行われている葬儀の特徴とは

関東地方で行われている葬儀は、ごく一般的な儀式と考えてかまいません。
宗派や地域によって多少の差はありますが、仏教形式の場合は、お通夜のあとに告別式を行う流れが一般的です。
葬儀のなかで最も大切な儀式は告別式であるため、前日に行うお通夜は省略されたり簡略化される場合もあります。
告別式では、僧侶による読経や参列者による焼香、遺族の代表者である施主からのあいさつなどが主要な内容です。
その後、故人の棺を火葬場に移して火葬となります。
命日から七日後の儀式として初七日がありますが、火葬のあとに告別式の会場に戻って初七日の儀式を済ませてしまう事例もあります。
以上が葬儀の中心的な儀式ですが、宗教に対する価値観の変化によりお通夜や告別式を簡素に行う事例もめずらしくありません。
最も簡素な葬儀を望む場合は、火葬のみを行うこともあります。
故人を追悼する形式には明確な決まりはないため、故人の遺言や遺族の気持ちによって自由に選べます。

葬儀に用意されることが多い花祭壇とは

葬儀では白木祭壇を使用することが多いのですが、近年徐々に増えているのが花祭壇です。
通常祭壇は葬儀の際にお供えものや遺影、お位牌など必要なものを並べる役割がありましたが、今では故人そのものだという考え方になりつつあり、愛用品を飾る、故人が好きだった色味のものにするなど個性豊かになりました。
その一つがお花をたくさん飾る花祭壇となります。
従来の祭壇に比べるとお花を多く使用している分、華やかさがあり全体的に明るい雰囲気となりますし、遺影やお位牌も花で飾られるため温かみが増します。
またお花は本来白色を基調とすることが多いのですが、使用した祭壇は色や使用するお花に決まりはなく、自由に決めることができるので、故人が好きだったものを使うことも可能です。
ただし自由に決めることができる分、季節によっては費用が多くかかることもあり、1年と通じて価格が安定しているわけではありません。
費用が気になる場合は造花と組み合わせることもできます。

神道の葬儀ではどのようなことをするのか

神道のお葬式は神社で行うもの、このようなイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。
神社は神様を祀る場所であり赤色の鳥居が目印の施設の総称です。
寺院はいわゆるお寺であり、仏教による教えといった特徴がある、キリスト教は教会などそれぞれ施設の名称がついています。
仏教はお寺など寺院で行うこともありますし、キリスト教は教会で葬儀が執り行われることも少なくありませんが、神社では葬儀が行われることはなく大半が火葬場が併設されているような斎場で行われるといいます。
神道の場合は神式のお葬式で、故人を家の守護神として祀り子孫を見守って貰う、このような目的を持つ儀式が特徴です。
ちなみに、神社は神聖なる場所などから葬儀が行われることはないなどの理由が存在します。
それと、僧侶ではなく神官と呼ぶ人が葬式に参加する、そして数多くの儀式が執り行われます。
例えば、帰幽奉告の儀は家族が亡くなった段階で神棚の扉を閉めてから白紙で封じる、この後に祖霊舎(仏教での仏壇に相当するもの)に報告を行います。

葬儀に関する情報サイト
葬儀で知っておきたいこと

当サイトでは葬式会場を手配する方法からマナーに関することまで、葬儀に関するいろんな知識を分かりやすく解説しています。特に初心者でほとんど何も知らないような人でも、どうやって会場を選べばいいのか、手配してから実施するまでの流れやポイントをしっかりと押さえています。もちろん基本的なマナーや作法であったり、参列者への対応なども1つ1つ詳しく掲載しております。これらをしっかりと覚えることで、いざという時でも慌てる必要はなくなります。

Search